GE_銘柄研究|賢明なる投資家に学ぼう by ウォーレン神 GE_銘柄研究|賢明なる投資家に学ぼう by ウォーレン神

GE_銘柄研究





ウォーレン神です。


今日はウォーレン神のポートフォリオ銘柄ではありませんが、
最近何かと話題にあがりがちなGEについて銘柄研究してみたいと思います。


なぜ話題にあがりがちかは、米国株ブログ村住人の方は良くご存知かと思いますが(○○太郎さんとか、○○提督さんとか)、いずれにしても、面白い銘柄なので、取り扱ってみたいと思います。


まず歴史ですが、あのトマスエジソンさんが1878年に始めた企業です。

電気照明からはじまり、日本の東芝の黎明期にも大きく影響を与え、エンジン、医療機器、発電、工作機、家電、エネルギー関連機械、不動産、リース、信販、銀行業を行う一大コングロマリットへと拡大を続けました。


またダウ平均株価の算出開始以来、構成銘柄のままであるのはGEだけで、伝統がある企業です。


さて、そんなGEですが、勿論企業なのでいろいろなことがありました。
特に今のGEを語る上で、振り返ったほうがよいのが、1980年代にCEOになったジャックウェルチ氏です。


伝説の経営者と言われていますが、彼はその当時さまざまな事業に手を広げ、もはや企業統制や方針、資本管理がままならず業績が振るわなくなっていたGEにあって「市場でのシェアが1位か2位以外の事業は全て撤退する」というリストラ大整理を行いました。


「ダウンサイジング」や、「整理解雇」のトレンドを作った方とも言われています。







そして2001年にジェフイメルト氏へ引き継がれます。
ジャックウェルチ氏の影に隠れがちですが、ジェフ氏も就任後は立派な数字を残しています。

2005年には売上約15兆円、利益が約2兆円の企業にまで大きく成長させました。
確かにこの時期はマクロ景気も上向いていて良かったですが、なかなか立派な数字です。


加えて金融事業の縮小や鉄道大手アルストムとの合併など、選択と集中も進めました。


が、それ以降は、2015年までは売上が減り続け、2015年以降のこの好景気の中でも成長率が出遅れに出遅れています。



株価はこの2年間で半分程度になりました。(株価市場がこれだけ最高値更新を続けているこの時期にですよ!)



ウォーレン神なりにその理由を調べながら考えてみましたが、下記が理由だと分析します。



■デジタル化、インターネット化のスピードが遅すぎる
5~6年前を振り返ると、「デジタルトランスフォーメーション」、「IoT」を産業界の中で声高に叫び、大々的に早く取り組み始めたのがGEであったと思います。
先見の明はあるのでしょう。ただ、開発やビジネス化が遅すぎる。一定の収益と利益と名声のある企業は危機感が少ないのでしょう。
全然進まない、というか外との時間軸の感覚が違い過ぎるのでしょう。
デジタルやインターネットの世界での本勝負を少し甘く見ていたのかもしれません。


■デジタル戦略、目指すビジネスモデルが明確でない
これもまだ余裕がある大手企業が陥りがちなんですが、外向けに先進的な取り組みテーマを立ち上げてもが、危機感もスピード感も低いので、一向に具体的になっていかない。何のプラットフォーマ―となろうとしているのか具体的でない。


■これまでのビジネス基盤と収益基盤が強固なため一種の官僚主義が存在し、また実績以上の高給体質となっている。

これも説明不要ですよね。日本の大手商社も近いですが、多くの業種を展開し、一定の収益基盤と名声を築くと、いろいろな複雑怪奇なシステムを社内に作り込み、高給がはびこり、決算や事業内容や戦略の良し悪しや責任の所在が見えにくくなってくる傾向があると思います。


さてさて、トランプ政権の周りをとりまく大企業での存在感も影を潜めつつあるGE。
復活はあり得るのでしょうか。


投資家向けのプレゼン資料を原文で眺めて研究してみましたが、なんだか漠然とした内容だなあといった印象で、「本気度」というか、「切羽詰まった感」というか、「なんとか変わってやろう」という意志がまだあまり感じられませんでした。。


整理とスリム化(積極的にスピンオフも検討に入れるべし)は当然行ったうえで、
医療や社会インフラに資する公明正大に胸を張れる企業になり、産業界のトランスフォーマーとしてぜひ引っ張っていってほしいです。


新しい社長になったジョンフラナリー氏はどこまでの断行ができるでしょうか。
これまでのGEを見ていると、経営がまずくなると早期に減配やスリム化を決行してなんとか生き延び向こう5年くらいは回復を見せますが、10年、20年単位での安定成長が続かなくなっている状況です。


5年後ではなく、10年後、20年後を見据えた施策実施を期待します。
ウォーレン神は減配決定後に少し保有しましたが、まだしばらくは買い増す予定はないです。


ウォーレン神



↓次の記事に向けてモチベーション下さい!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ     follow us in feedly


Sponsored Link


オススメ関連記事



Sponsored Link

人気記事

  • ウォーレン神です。 (自己紹介ページ: 自己紹介 ) ウォーレン神の敬愛するウォーレンバフェット氏は、バークシャーハサウェイ社を経営しています。時価総額30兆円を超えています(笑)。一代で築かれました(笑)。 (参考ページ: 敬愛するバフェット氏 ) ...

  • ウォーレン神です。 子供が生まれたりして、少し忙しく、前回から間が空いてしましました。 今日は ウォーレン神のポートフォリオ 銘柄であるIBM社の経営者研究をしてみます。 現在IBM社は、敬愛するバフェット氏が売却したり、戦略事業が上向いてきたリして、結構株...

  • ウォーレンバフェット氏の教え_財務指標 ウォーレン神です。 (自己紹介ページ: 自己紹介 ) 個別銘柄に投資する限り、気になるのが経営者。 その企業の取締役たちは、有能で、正直で、真摯で、株主思いなのか。 ウォーレン神が敬愛...

  • 投資家にとってドラマ「ハゲタカ」は勉強になる(2回目)_綾野剛いいね ウォーレン神です。 (自己紹介ページ: 自己紹介 ) 今週もドラマ「ハゲタカ」を見ました。 見るきっかけや、何が投資家にとって良いかはこちら↓をぜひ読んでね。 ...

  • ひふみ投信の藤野社長のコメントを考える ウォーレン神です。 (自己紹介ページ: 自己紹介 ) ウォーレン神は先日、人気のひふみ投信について記事を書きました。 (参考記事:「 人気のひふみ投信について by ウォーレン神_2回目 」、「 話...