説明できます?ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックの違い|賢明なる投資家に学ぼう by ウォーレン神 説明できます?ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックの違い|賢明なる投資家に学ぼう by ウォーレン神

説明できます?ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックの違い

説明できます?ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックの違い by ウォーレン神



説明できます?ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックの違い







ウォーレン神です。



株価指数ってなんとなく気にしているけど、いまいち何がなんだか分かっていなかったりしませんか?



ウォーレン神は、正直なところそうでした。昔調べたことあったけど、なかなか覚えてないんですよね。。



最近整理したいなと思っていたので、折角なのでやってみましょう。




①ニューヨークダウ(ダウ平均)




まずは一つ目。



アメリカで最も古い株価指数。



日本では「ダウ平均」なんて言ったりますか、正式名称はこちら。




ダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average - DJIA)




ダウ・ジョーンズ社がアメリカ市場に上場している代表的な30銘柄を選び、その株価の平均値に特殊な修正を加えて算出しています。



意外や意外、30銘柄だけなんでねすね。


ちなみに今現在、この辺の銘柄が含まれています。



アップル、アメリカンエクスプレス、ボーイング、ゴールドマンサックス、エクソンモービル、マクドナルド


まあ王道中の王道がそろいにそろっている感じですね。これぞアメリカって感じの面々がそろってます。



銘柄数の少なさや、選出理由の不透明さから批判もありますが、採用銘柄の人気の高さや継続性から、底堅い人気があります。



昔はニューヨーク証券市場(NYSE)からのみ選出されていましたが、いまはナスダック市場(NASDAQ)からも選出されています。



②S&P500



次のS&P500は、アメリカのスタンダード・アンド・プアーズ社が定めている株価指数。スタンダード&プアーズ社はもともとは出版社で、民間の金融サービス企業です。



ニューヨーク証券取引所(NYSE)、小型成長銘柄市場であるNYSE American、ベンチャー企業向けのNASDAQに上場している銘柄から、代表的な500銘柄を選定し、その株価から算出しています。



銘柄が500あるため、NYダウと比べて分散性の面で優れ、時価総額もアメリカの株式市場の約80%をカバーしており、S&P500の値をアメリカの平均株価とするのが一般的です。



1941年から1943年における平均を10として算出しており、今は2700くらいですね。








③NASDAQ (ナスダック)




ナスダック総合指数は、アメリカの電子株式市場である”NASDAQ(ナスダック)”に上場している全銘柄を対象とする株価指数。



NASDAQは「National Association of Securities Dealers Automated Quotationsと」いって、日本語訳は「全米証券ディーラー協会自動値付」。




ナスダックには、MicrosoftやGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)などが上場しており、IT業界の動向を読む上で重大な指標となっています。なおIT関連企業は業績変動が激しいため、NYダウやS&P500と比較すると、株価も乱高下しやすいです。



またナスダック総合指数は、同市場に上場してさえいればアメリカ国外の企業も対象になり、近年では中国企業の上場が増え、世界的な動向も反映されやすいです。




1971年2月5日の時価総額を基準としてその値を100として算出し、2018年8月30日に8,133.29の最高値を記録。



いかがでしょうか、これらの株価指標の話。



株式市場(①NYSE、②NYSE American、③NASDAQ)とは違うので気を付けてくださいね~~




ウォーレン神も投資するSBIソーシャルレンディングさんの詳しい説明はこちら




米国株の取引にはこちらの証券口座がオススメ




日本株の証券口座はこちらがオススメ




▼オススメ記事


人気記事